診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内
病院概要

ごあいさつ

医療法人社団保健会
谷津保健病院 院長
宮崎  正二郎
 当院は習志野市谷津の地に開院して以来、皆様の身近な病院としてご利用いただき35年余りを迎えました。この間、少子高齢化社会の傾向が強まり私たちの生活様式や環境はめまぐるしく変化しました。それに伴い疾病の構造といったものも以前とは異なるものになってまいりました。生活習慣病や癌の増加はその代表的なものです。また、来る2025年にはいわゆる団塊の世代の方が75歳を迎えることとなり、高齢者医療の整備が一層、重要になって参りました。

 そのような変化に対応し、当医療法人保健会は疾病の@予防、A早期診断・治療、Bリハビリテーション・社会復帰、C在宅診療までを一連の診療として位置づけし、急性期医療の谷津保健病院、リハビリテーション医療の東京湾岸リハビリテーション病院を中心として、奏の杜クリニック(検診専門)、谷津保健クリニック(外来専門)、谷津居宅サービスセンター(在宅医療)と共にトータルな医療を提供できる体制を整えております。

 谷津保健病院では各科領域の専門医による診療体制を擁し、手厚い看護スタッフ・パラメデイカルとの連携によるチーム医療を実践し、また、最新鋭の医療機器の導入、患者様の療養環境を充実させ、さらなる医療レベルの向上を目指しております。

 医療が高度専門化する中で‘患者様不在の医療’といった声が聞かれており、社会的な問題にもなっております。われわれ医療従事者は病気のcure(治癒)を目指すことは当然のこと、常にcare(心づかい)を大切にしなければなりません。care(心づかい)とは、患者様の苦痛や不安に共感し共に解決していけるようにサポートすることと考えます。当院の掲げる理念である「安心・安全な質の高い、そしてわかりやすい医療の提供」をお約束し、受診される方の声を大切にして、皆様に体と心に安らぎをおぼえられる病院となるべく職員一同真摯に努力してまいりたいと存じます。今後とも何卒、よろしくお願い申し上げます。

理念

私たちは、全ての方々に安心と安全な質の高い医療を提供し、相互の信頼関係を最も大切にするサービスの行き届いた、急性期病院を目指します。

基本方針

患者様と私たちの相互の満足/社会との調和/独自能力

病院概要

名 称 医療法人社団保健会 谷津保健病院
院 長 宮ア 正二郎
所 在 地 〒275-0026 千葉県習志野市谷津4-6-16
病 床 数 280床
開 院 日 1981年(昭和56年)8月24日
T E L 047-451-6000
F A X 047-451-0393
診 療 科 目 内科・呼吸器内科・循環器内科・糖尿病内科・神経内科・外科・乳腺外科・整形外科
脳神経外科・泌尿器科・産婦人科・小児科・耳鼻咽喉科・ 皮膚科・リハビリテーション科

認定・指定・施設基準

(2015年12月21日現在)
医療機関認定
保険医療機関 生活保護法指定医療機関
国保療養 取扱機関 身障者福祉法指定医療機関
労災指定医療機関 優生保護法指定医療機関
救急告示病院(2次救急) 原爆被爆者一般疾患医療機関
千葉県特定疾患治療研究事業 千葉県小児慢性特定疾患治療研究事業
研修施設指定
日本外科学会外科専門医制度指定修練施設 日本循環器学会指定研修施設
日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設 日本麻酔科学会認定病院
日本消化器病学会関連施設 日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院 日本糖尿病学会認定教育施設
日本整形外科学会専門医研修施設 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
日本脳神経外科学会専門医研修プログラム関連施設 日本脳卒中学会認定研修教育病院
施設基準
基本診療料 特掲診療料
一般病棟入院基本料(7対1) がん性疼痛緩和指導管理料
救急医療管理加算 小児科外来診療料
妊産婦緊急搬送入院加算 夜間休日救急搬送医学管理料
診療録管理体制加算1 ニコチン依存症管理料
医師事務作業補助体制加算(50対1) 地域連携診療計画管理料
急性期看護補助体制加算(50対1) 地域連携診療計画退院時指導料 (T)(U)
療養環境加算 がん治療連携計画策定料
重症者等療養環境特別加算 がん治療連携指導料
医療安全対策加算1 肝炎インターフェロン治療計画料
感染防止対策加算2 薬剤管理指導料
ハイリスク妊娠管理加算 医療機器安全管理料1
退院調整加算 HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
救急搬送患者地域連携紹介加算 検体検査管理加算 (T)(U)
救急搬送患者地域連携受入加算 小児食物アレルギー負荷検査
病棟薬剤業務実施加算 画像診断管理加算1
データ提出加算2 CT撮影及びMRI撮影
地域包括ケア病棟入院料 大腸CT撮影加算
短期滞在手術基本料2 外来化学療法加算1
入院時食事療養 (T) 脳血管疾患等リハビリテーション料 (T)
  運動器リハビリテーション料 (T)
  呼吸器リハビリテーション料 (T)
  がん患者リハビリテーション料
  経皮的冠動脈ステント留置術
  経皮的冠動脈形成術
  ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6
  (歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術
  人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  麻酔管理料 (T)

宗教的・思想的輸血拒否に関する当院の基本指針

輸血に関する方針
相対的無輸血の方針
当院では患者様の意思を尊重し「輸血を拒否する患者様には無輸血での治療を原則とするが、輸血なしでは生命の維持が困難になった場合は輸血を行う」相対的無輸血の方針をとる。また、輸血の実施に当たっては、通常通り十分なインフォームド・コンセントを行い、患者様本人あるいはご家族様から可能な限り通常の「輸血承諾書」への署名を求める。これは患者様が未成年であった場合も含む。
絶対的無輸血の拒否
当院では相対的無輸血の方針を明確にする。よっていかなる場合でも患者様の提示する「輸血謝絶兼免責証明書」などの絶対的無輸血治療に同意する文書には署名しない。
家族・訴訟等への対応
家族等の救命行為を妨げるような行為は、児童虐待又は威力業務妨害として犯罪となる可能性があり、直ちに児童相談所又は警察へ通報し妨害の排除を要請する。
輸血を行った結果、患者又はその家族等から刑事告訴、民事訴訟等があった場合は、医師個人に責任が及ぶことがないよう病院全体として対応する。
輸血を行った結果について、患者又は家族に対する精神的な苦痛を和らげるよう病院全体として対応する。

包括的同意のお願い

谷津保健病院は、医療施設であると同時に、教育機関であり研究機関でもあります。
当院において治療や検査を受けられる患者さまの医療行為や検査結果・内容などを、教育や学術発表などに用いさせていただく可能性がございます。これらは医学・医療・教育の発展を目的とするものであるため、御理解、御協力をお願い致します。
なお、御協力いただけない場合でも今後の診療において患者様が不利益を被ることはございません。
ご同意をいただくに当たっての説明内容はコチラよりご確認おねがいします。
ページTOPへ