診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内

帯状疱疹ワクチンについて

帯状疱疹とは

水痘・帯状疱疹ウィルスによって起こる皮膚の病気です。
多くの方が子供の頃に発症している「水ぼうそう(水痘)」のウィルスです。
水ぼうそうが治癒した後も、ウィルスは実は体内に潜伏しているのです。
*日本成人の90%以上は、このウィルスが体内に潜伏しているとされています。

その後、ストレス、過労、加齢、他の病気やその治療の副作用など様々な理由により免役力が低下すると、
潜んでいたウィルスが暴れ出し帯状疱疹を発症します。
特に50代から発症率が高くなり、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症するといわれています。
このウィルスは神経に潜伏しており、免疫力が弱ってくると暴れだし(再活性化)、神経を伝わり皮膚に到達します。
ですので、通常は数日〜10日間ほど神経痛のような痛みがあり、その後赤い斑点と水ぶくれが多数集まって帯状の生じます
*「痛くて湿布を貼っていたら被れた」といって受診されるケースもあります。
ダメージを受けている神経が通っている部分(領域)の皮膚が影響を受けるため、湿疹は帯状に生じます。
皮膚と神経の両方でウィルスが増殖し炎症を起こしているため、強い痛みが生じてしまうのです。

合併症

帯状疱疹後神経痛
神経が受けてしまうダメージの程度によっては、皮膚の症状が治った後も痛みが残ることがあり、
3ヶ月以上続くものを帯状疱疹後神経痛と呼びます。
帯状疱疹の皮膚症状が重症である場合、痛みが強い場合、ご高齢である場合に帯状疱疹後神経痛に陥りやすいとされています。
50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち、約2割が帯状疱疹後神経痛になるといわれています。
*帯状疱疹後神経痛を完全に取り除くのは難しく、また治療は長期に渡るとされています。


〜頭部・顔面の帯状疱疹には特に注意が必要〜
帯状疱疹の症状出現部位によっては、目や耳、顔面神経に合併症を引き起こすことがあります。
目の症状として角膜炎や結膜炎、ぶどう膜炎などを引き起こすことがあり、
重症化すると視力低下や失明にいたることがあります。
顔面神経麻痺や耳介の帯状疱疹を特徴とする「ラムゼイ・ハント症候群」と呼ばれるものも
あります。耳の神経への影響から、耳鳴り、難聴、めまいなどを生じることもあります。

帯状疱疹ワクチンについて

これまでは水ぼうそうの予防にも使われる水痘ワクチンが使用されていましたが、2020年1月より新しい帯状疱疹ワクチン
「シングリックス」が発売となりました。
シングリックスは不活化ワクチンであり、免疫抑制をきたす治療を受けている方などでも接種が可能です。

「シングリックス」
接種方法、回数
2ヶ月間隔で、筋肉注射を2回行います。
2回目の接種が2ヶ月を超えた場合、遅くとも1回目から6ヶ月までに接種する必要があります。
2回の接種でしっかりと予防効果が得られるため、必ず2回接種する必要があります。
有効性
シングリックスの帯状疱疹に対する予防効果は、50歳以上の方で約97%、70歳以上の方で約90%と報告されており
水痘ワクチンよりも有効性が高いと考えられます。
副作用
多くの方に注射部位の痛みや腫れが出現しますが、それは体の中で強い免疫を作ろうとする仕組みが働くためとされています。
シングリックス接種後の7日間に起こった主な副反応としては
 注射部位の問題:痛み78%、赤み38%、腫れ26%
 注射部位以外の問題:筋肉痛40%、疲労39%、頭痛33%、悪寒24%、発熱18%、胃腸症状13% でした。
費用
当院では1回あたり税込みで22,000円となっております。
2回で44,000円と高額ではありますが、効果は現時点で10年は保証されているようですので、
1回4,000円のインフルエンザ予防接種を10年受け続けた場合と比較して考えれば、
妥当な値段になり得るのではないでしょうか。
対象
50歳以上とされていますが、理由や状況によって50歳以下での接種を希望される場合は、当院ワクチン外来でご相談ください。
ページTOPへ